【業界標準で格安】フライヤー印刷でイケてるチラシ制作するべし

広告

バージョンとソフト

チラシ

フライヤー印刷業社を利用してチラシを用意する時は入稿データを作る環境を予めチェックしておきましょう。フライヤー印刷で使用するデータはベクトルデータでもラスタデータでも問題ありません。一般的にはラスタデータで用意しますが、この時注意したいのがどのソフトを使用して編集を行うかです。様々なソフトウェアが存在し、自分が好きなソフトを使用して編集したいでしょうが、印刷業界では標準ソフトと呼ばれるアプリケーションがあります。このアプリケーションを使用することは意外と大事で、細かな点で違いが出てきたりしてしまいます。例えば色の指定があります。RGBで指定するのかCMYKで指定するのかで若干色が異なったりします。ソフトによってRGB指定ができなかったり、CMYK指定ができなかったりするためしっかり確認が必要です。フライヤー印刷業社のサイトでは対応しているソフトとそのソフトのバージョンが細かく記載されています。指定ソフトでもバージョンが異なれば対応できない場合もあるためしっかりと確認し、無ければ環境を整えることが大切です。最近のフライヤー印刷は全てWEBで入稿するタイプです。対応していないデータを入稿すると担当者からメールでエラー通知されることもあります。速く、気軽に、簡単に利用することが出来るのがフライヤー印刷なのに修正して再度入稿するなどの作業が必要になってしまっては残念です。環境さえしっかり整えておけば大抵エラーになることはないため、環境構築とさらに入稿の際の注意事項をよくチェックしておくといいでしょう。そして入稿前には繰り返しチェックすることが大事で、よくトンボ忘れやレイヤー削除忘れなどがあります。