【業界標準で格安】フライヤー印刷でイケてるチラシ制作するべし

広告

安いがトレンド

チラシ

フライヤー印刷を利用すると安くチラシを用意することが出来ます。年々印刷の技術と効率が高くなり、一枚あたりにかかるコストが下がってきています。1000円用意すれば1000枚のチラシが用意できる事もあります。

Read More...

即日発送も可能

チラシ

フライヤー印刷は即日発送することが出来ます。数万枚の単位で即日発送することが出来るため急な準備にも対応することができます。非常に魅力的なサービスといえるでしょう。予め入稿データは用意しておくべきです。

Read More...

バージョンとソフト

チラシ

フライヤー印刷を行う時は必ず環境を整えることが大切です。業社が対応しているソフトウェアやそのバージョンをしっかり確認し、エラーで返ってこないように繰り返し注意することが大切になってきます。

Read More...

印刷する手段

印刷は枚数が多ければ多いほど一枚当たりの単価は安くなります。チラシやフライヤー印刷は有効期限がないものならば何枚あっても問題ないですから、格安に手配するためには大量依頼すべきとも言えます。

Read More...

中綴じ依頼も出来る

チラシ

チラシやパンフレットを印刷することが出来るのがフライヤー印刷業社です。印刷に精通しているからこそ様々な印刷を行うことができ、近年では特殊印刷と呼ばれる変わった印刷方法を依頼できます。例えば凸凹した用紙に印刷するのは思っている以上に大変なことですが、特殊な吹きかけ方によって綺麗に印刷ができたりします。また印刷の中でも昔からある印刷方法として中綴じ印刷があります。中綴じ印刷とは冊子になっているような印刷です。パンフレットやカタログなどでよく用いられる印刷方法で、紙に印刷した後にホッチぎすなどを用いて閉じることが出来ます。出来上がった状態で直ぐにパンフレットやカタログとして配布することが出来るため、配布準備を挟むことが不必要です。中綴じ印刷を依頼する時はまず本文部分と表紙部分で別々に依頼する必要があります。専用のテンプレートがあるためそれほど難しくはありませんが、知識がないとスムーズに入校できなこともあります。まず最初に本文部分を印刷し、冊子状態になるように自動で折り曲げられます。本文部分が出来上がると最後に表紙部分を印刷し、本文部分と結合した状態で中綴じします。これをすることによって表紙部分と本文部分の紙を異なるものにすることができ、表紙のみ高級用紙を利用してかっこいいパンフレットを作ることも可能です。中綴じ印刷はオプションで対応しているフライヤー印刷業社もあれば、標準で対応している業社もあります。それぞれの業社で価格なども異なってくるでしょうが、通常印刷に数百円上乗せした程度の金額で収まるでしょう。上手く活用して企業のパンフレットや商品カタログを用意してみるのも良いでしょう。